競馬と漫画と将棋が三大栄養素

どうも、競馬と漫画と将棋が三大栄養素なdaiouoka(大王岡)です。基本は競馬と漫画と将棋について書いてます。が、雑記ブログでもあるのでこれ以外のことについても書きます。アニメや時事ネタなど。このブログで就活費や娯楽費などを稼げるように頑張って書いてます。

2016年買った将棋関連書籍おすすめ紹介

どうも、(@daiouoka)です。今週もよろしくお願いします。金曜日は競馬・漫画・将棋どれかの日です。
今回は去年の2016年に買った将棋関連書籍を紹介します。

将棋世界付録は100円で買える!

将棋世界の付録は100円から買えるのでお買い得です。僕は楽天koboで買ってます。月イチで200円クーポンが貰えるので持っている楽天ポイントで支払っているのでタダで読んでますw それでも楽天ポイントが貰えるので本当にお買い得。

けっこう買ったので全部ではなく一部を紹介します。
まずは「歩」の使い方がよくわかるこの本。

楽天はこちら

やはり「歩」を上手に使えるようになると勝ちやすくなります。たくさんある駒ですし、歩のない将棋は負け将棋。という言葉の意味がよくわかります。
続いては終盤力上昇に欠かせない詰将棋。

楽天はこちら

ホンマにかどうかは読む人の棋力しだいですが、内容は良いです。しかし本の構成で電子書籍だと読みにくいのが難点。答えを確認するのがめんどい。
続いては振り飛車党なら避けては通れない相振り飛車の本。

楽天はこちら

相振り飛車が苦手な人方は必読。序盤から中盤の手筋が載ってます。

アニメ化間近!?将棋ライトノベル『りゅうおうのおしごと!』

このブログでも何回も書いているこの作品→ライトノベル感想 カテゴリーの記事一覧 - 競馬と漫画と将棋が三大栄養素
最年少竜王の元に現れた女子小中学生(JS)とのドタバタコメディー。『このライトノベルがすごい!』1位や将棋ペンクラブ大賞を受賞した作品です。ドラマCDも好評なようでアニメ化もするんじゃないかと思われます。
ラノベながら熱い展開。かつ将棋界の厳しさも描かれている作品です。最新刊は2月15日発売予定!

広告

 

おまけ1~2016年以前に買った本でおすすめ

中盤の駒のぶつかり合いで悩む人必読!

阿久津主税八段と安食総子女流初段のコンビでNHKで放映されていた講座を書籍化したもの。発行は2010年と古いですが、基礎を学ぶなら充分な量が掲載されていると思います。居飛車対振り飛車は居飛車目線、振り飛車目線での解説。相居飛車は矢倉(後手急戦も!)・角換わり・横歩取り。と網羅。もちろん相振り飛車もあります
将棋の中盤はこの一冊でおkなのです。興味がある戦法があればそれに特化した本を買いましょう。
余談ですが、この番組で「あっくんの目ヂカラ」というフレーズが生まれました。

おまけ2~買ってないけど読んだ『将棋めし』
松本渚作『将棋めし』は将棋棋士の食事に焦点を当てたマンガです。広瀬章人八段が監修をしています。フラッパーで連載中です。ウェブでも公式配信しています。
コミックウォーカー↓

comic-walker.com

コメント付きで読めるニコニコ静画↓

seiga.nicovideo.jp

ぜひ読んでみてください。