競馬と漫画と将棋が三大栄養素

どうも、競馬と漫画と将棋が三大栄養素なdaiouoka(大王岡)です。基本は競馬と漫画と将棋について書いてます。が、雑記ブログでもあるのでこれ以外のことについても書きます。アニメや時事ネタなど。定職につくために、このブログで就活費や生活費などを稼げるように頑張って書いてます。

Ad

2018ジャパンカップ・京阪杯・京都2才Sデータ予想~海外馬参考レース映像あり〼

どうも、(@daiouoka)です。今週もよろしくお願いします。火曜日は競馬予想の日です

いよいよ東京・京都も今年最後になりました。ジャパンカップ出走海外馬の過去3走レース動画リンクもあります。 

ジャパンカップ注目馬とデータ

 

注目馬はアーモンドアイ・カプリ・キセキ・サトノダイヤモンド・サンダリングブルー・スワーヴリチャード。
参考データ→データ分析:ジャパンカップ 今週の注目レース JRA
去年のデータと予想→2017ジャパンカップデータ予想~外国馬参考レース映像あり〼 - 競馬と漫画と将棋が三大栄養素

通算25戦以下かつ同年4月以降のJRAGⅡ以上で4着以内の馬に注目。プラスアルファで関西馬や外国人騎手騎乗の馬にも注目。

海外馬過去レースリンク

英チャンピオンステークスhttps://twitter.com/racing_uk/status/1053662048473751553
カプリ(capri)4着。

凱旋門賞ENABLE, LE DOUBLÉ ! | Qatar Prix de l'Arc de Triomphe 2018 - YouTube
カプリ5着。

フォワ賞Revivez la course Qatar Prix Foy 2018 - YouTube
カプリ5着。

カナディアンインターナショナルステークスhttps://twitter.com/racing_uk/status/1043908266957426688
サンダリングブルー(Thundering Blue)2着。

ストックホルムカップインターナショナルhttps://twitter.com/TVG/status/1051280313316335623
サンダリンダブルー優勝。

英インターナショナルステークス2018 Juddmonte International Stakes - Racing UK - YouTube
サンダリンダブルー3着。

京阪杯データと注目馬

注目馬はアンヴァル・エスティタート・オールポッシブル・グレイトチャーター・ダノンスマッシュ・フミノムーン。
参考データ→データ分析:京阪杯 今週の注目レース JRA
去年のデータと予想→ 2017京都2才S・京阪杯データ予想~兵庫JG・浦和記念あり〼 - 競馬と漫画と将棋が三大栄養素

6才以下の関西馬で前走一桁着順の馬に注目。プラスアルファで1200メートル3勝以上の馬。

ラジオNIKKEI杯京都2才ステークス注目馬とデータ

注目馬はクラージュゲリエ・ショウリュウイクゾ・ペルソナデザイン・ミッキーブラック・ミヤケ・ラヴズオンリーユー・ワールドプレミア。
参考データ→データ分析:ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス 今週の注目レース JRA
去年のデータと予想→2017京都2才S・京阪杯データ予想~兵庫JG・浦和記念あり〼 - 競馬と漫画と将棋が三大栄養素

前走単勝5番人気以内の馬に注目。プラスアルファで通算4戦以内の馬。

特別レース加点減点ポイント

キャピタルステークス-前走馬体重490㌔以上は加点。前走東京か京都以外は減点。プラスアルファで6才以下は加点。前走重賞以外は減点。
銀嶺ステークス-前走同コース距離は加点。前走馬体重468㌔以下は減点。
カトレア賞-牡馬は加点。1-3枠は減点。

花園ステークス-5才以下は加点。前走馬体重478㌔以下は減点。プラスアルファで5枠以降は加点。

シャングリラ賞-5才以下は加点。前走から距離延長は減点。プラスアルファで前走馬体重474㌔以上は加点。牝馬は減点。

オータムリーフステークス-5才以下は加点。前走馬体重474㌔以下は減点。
渡月橋ステークス-4才以下は加点。牝馬は減点。

【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年11月21日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(125)|競馬コラム|競馬予想のウマニティ - サンスポ&ニッポン放送公認SNS

重賞振り返り

イノセントカップは

手堅く取れました。
道営記念は

久しぶりの三連単的中! 今年のホッカイドウ競馬は最終日までずっと楽しめました。中央でもナイママが勝ったり。来年も活躍馬の出現に期待です。ちなみに今年の馬券収支はマイナスでした………(´・ω・`)
マイルチャンピオンシップは

まさか今年も3才とは… 使い分けの影響でマイル戦線に強い馬がやってきたという認識でよろしいのかな…?