競馬と漫画と将棋が三大栄養素

どうも、競馬と漫画と将棋が三大栄養素なdaiouoka(大王岡)です。基本は競馬と漫画と将棋について書いてます。が、雑記ブログでもあるのでこれ以外のことについても書きます。アニメや時事ネタなど。このブログでいろいろ費用を稼げるようにするため頑張って書いてます。

将棋も競馬も勝負しなければ勝てない

将棋は指さないと絶対に勝てない。競馬は買わないと絶対に当たらない。

もちろん勝負するということは負けることもある。負けたくなかったら勝負しないのも有りだと思う。負ける怖さ。負けるリスク。これらを克服しないと勝負に勝つのは難しいことだと思う。宝くじを買うのって情弱な人だけでしょ

2013年12月5日投稿エントリーを加筆修正

完全に同意

 宝くじは2億以上貰える。今年の年末ジャンボ宝くじは1等が60本ある。たしかに夢がある。だけどちょっと割に合わない。買わないと当たらない。だけど、もし外れたらのことを考えるとちょっと手が出ない。10枚で3000円って高過ぎるでしょ? 公営ギャンブルなら100円から勝負できる。ていうか1枚単位で買えないのがありえない。
ここによると1000万分の1の確率で1等が当たる。何万円も出して当たらないのもザラだ。そんなお金があるならくれ。
競馬なら3000円あれば充分勝負できる金額。競馬だけに限らない。ちなみに僕は1レース700円以内に納めてる。他の公営競技とかナンバーズとかロトを買った方が良い。自分で決められるし。さっきも書いたけど競馬とか公営ギャンブルなら100円から賭けられる。この100円がときには何千倍にもなって帰ってくることもある。。
上のにも書いてあるけど、本を買うとかちょっとリッチな食事をしても良い。充分過ぎるほど有意義な使い方ができる。少額の払い戻しを期待して競馬のほうがマシだと思う。とにもかくにも宝くじ買う人はちょっと信じられない。

広告

 

競馬は買わないと当たらない

競馬に賭けるといっても、何でもかんでも賭けるわけではない。「ちょっと自信ないからやめよう」そう思って賭けなかったら、見事的中して「うわあああ賭けるべきだったあああああ」となることもある。もちろんその逆で「やっぱり賭けなくて良かった」となることもある。
自分に足りないのはこの見極める力。どうにかして身につけないといけない。だけどなかなか身につかない。
「やらない後悔よりもやって後悔した方がいい」なんて言葉もあるので、これからは賭けようかな…

将棋は勝負しないと勝てない

負けるのが怖いわけでないので将棋は将棋ウォーズで普通に指してる。そもそも負けるのが怖いから指さない。という人がいるのか? そんな考えだったら永遠に指せないだろ。