競馬と漫画と将棋が三大栄養素

どうも、競馬と漫画と将棋が三大栄養素なdaiouoka(大王岡)です。基本は競馬と漫画と将棋について書いてます。が、雑記ブログでもあるのでこれ以外のことについても書きます。アニメや時事ネタなど。このブログで就活費や娯楽費などを稼げるように頑張って書いてます。

【競馬雑記】2014凱旋門賞回願【日本馬】

どうも凱旋門賞の予想を外した(@daiouoka)です。 

 (´ε`;)ウーン… な内容でしたね………

 

 大外ぶん回し

 

Prix de l'Arc de Triomphe 2014 - Trêve (Thierry JARNET) - Flintshire - Taghrooda - YouTube

 

 日本馬はハープスターの6着が最高でした。ジャスタウェイは距離と休み明けか。ゴールドシップは気分屋ですからね………

 

 前哨戦を使って現地騎手を使うべきか?

前哨戦を使って、2週前でなくもっと前に滞在して、現地の騎手を起用などの意見がありますが、僕は滞在を長くするべきとは思いませんでした。

レース動画を見るとハープスターがすごい脚が突っ込んできましたし、環境に慣れていないなら、道中は内でじっとしていてフォルスストレートあたりで下げて大外に出して、ほぼ最後方から脚を伸ばして6着。ということにはならず、後方のままでしたでしょう。正直、騎手の差だと思います。

あのまま内を通ってロス無く競馬をしていれば……… 直線は馬群がバラけていましたし。それにあの通った位置は前日に仮柵が設置されていたとこの内ラチあたりのはず。(映像だとちょっと見えづらくはっきりと言えませんが)


Solow - Prix Daniel Wildenstein - Longchamp - 04/10/14 - YouTube

 

つまりあの通ったところは馬場が悪かった可能性もあるわけです。仮に違ったとしても大外に出すロスは大きすぎます。もちろん前が開く確証はありません。一か八か。の賭けになりますがそうしないとこんな大レースは勝てないでしょう。前慣れている現地騎手ならもしかしたら… と思わずにはいられません。

 

ハープスターは上がり3F最速らしいです。鞍上の川田騎手はかなり叩かれているようです。

 

次の日本馬の海外遠征

 次はメルボルンカップコーフィールドカップアドマイヤラクティとバンデに期待ですね。

 

 また来年………


Kaléidoscope du Qatar Prix de l'Arc de Triomphe 2014 - YouTube