競馬と漫画と将棋が三大栄養素

どうも、競馬と漫画と将棋が三大栄養素なdaiouoka(大王岡)です。基本は競馬と漫画と将棋について書いてます。が、雑記ブログでもあるのでこれ以外のことについても書きます。アニメや時事ネタなど。このブログで就活費や娯楽費などを稼げるように頑張って書いてます。

将棋電王戦はこれで良い~少年マンガ的な電王戦タッグマッチ

電王戦タッグマッチ!そういうのもあるのか 

前回↓ 

将棋電王戦はもうこれで良いんじゃないかな - daiouokaの徒然日記

 

前回は「将棋電王戦」はもう止めて良いということを書きました。今回は賛否両論がある「電王戦タッグマッチ」について。 

 

f:id:daiouoka:20140901133127j:plain

 

「電王戦タッグマッチ」とは、プロ棋士とコンピューターソフトがコンビになって将棋を指す棋戦

棋士は後半になれば疲れも出てきてミスをすることもある。逆にコンピューターは疲れないし後半(終盤)の方が指す手が少ないので正確になる。特に「詰み筋」があれば逃さない。

 

この「電王戦タッグマッチ」には賛否両論ある。「人間とコンピューターのお互いの弱いところをカバーしてるので面白い」「プロ棋士がソフトを使って指すなんておかしい」などなど。様々意見。

 

2ch名人 ハッシー「(電王戦タッグマッチの)反対運動を起こします。」

将棋を金稼ぎに使うな。

 というレスがついてるけど、新聞社は思いっきり金稼ぎに使ってるんですが… 「うちの新聞を取れば将棋棋戦の棋譜や解説が見れますよ」ということだ。ちなみに今では新聞を取らなくてもネットで棋譜が見れる。「将棋世界」や「週刊将棋」もある。

 

少年誌チックなタッグマッチ

 タッグマッチ。どこか少年ジャンプ的。ライバルの2人が一時的とはいえ手を組んで戦う

ドラゴンボール』悟空とベジータフュージョンポタラで合体。『遊☆戯☆王』遊戯と海馬のタッグデュエル。などなど。こういうシチュエーションは少年誌的に燃える展開なわけです。

 

今年の電王戦会場がいろいろな場所で開催されたのは、『キン肉マン』で悪魔超人との対戦場所が変わっていったようだ。とドワンゴ川上会長と森内名人(当時)と電王戦ガイドブックの対談で話していた。(たしかニコ生でも前半部分をやっていた。)

 ニコニコは少年誌のような展開に持って行きたいのか?

 

 タッグマッチ賛成の理由

で、僕はこのタッグマッチには賛成なわけです。ライバル同士手を組むという展開が良いというのもあります。そしてプロ棋士が道具をうまく使いこなすところも見てみたいから。

このタッグマッチはソフトを使うのを許可されていますが、そのソフトが示した手を必ず指さなければならないということではありません。 「この手が最善手」とソフトが示しても「いや、この手は危ない」と棋士が判断すれば違う手を指すことが可能です。

コンピューターソフトは強いです。しかしそれでも欠点があります。序中盤が荒いのです。なので、全てソフト任せにすると、相手は序盤は人間、終盤はソフトとうまく指されて負けることもあります。将棋の棋力はもちろんうまく道具(コンピューターソフト)を使う力が無いと勝ち抜くのは難しいです。

うまく使いこなせることができれば下剋上も可能です。去年は佐藤慎一四段が日本に10人しかいないA級棋士でタイトルも取ったことがある三浦弘行九段に勝って優勝したのです。またこんな光景が見たいです。

 

まとめ

ライバル関係の両者が手を組む展開は燃える

ニコニコは少年誌的な方向に持って行きたい?

タッグマッチは如何にしてうまくソフト(道具)を使えるかがポイント

 

 

人間より賢い異能の存在が現れることを受け入れられるか?~電王戦タッグマッチ - daiouokaの徒然日記

 

 

 

 画像クリックで楽天ブックス