競馬と漫画と将棋が三大栄養素

どうも、競馬と漫画と将棋が三大栄養素なdaiouoka(大王岡)です。基本は競馬と漫画と将棋について書いてます。が、雑記ブログでもあるのでこれ以外のことについても書きます。アニメや時事ネタなど。このブログで就活費や娯楽費などを稼げるように頑張って書いてます。

藤井聡太四段の順位戦対局は違法な深夜労働なのか?

どうも、(@daiouoka)です。今週もよろしくお願いします。金曜日は競馬漫画将棋どれかの日です

今回も先週に引き続き将棋の話題です。先週いろいろ書いたけど、今週もまた将棋の話題です。藤井聡太四段、どんどん連勝してますね。昨日は初の順位戦で持ち時間6時間の長丁場ということでどうなるか? 
と、注目もされましたが、藤井聡太四段が終盤でうっかり(▲4六桂を見過ごし)をしたら、対局相手の瀬川晶司五段も終盤でミス(▲5五銀を選ばなかった)をして、瀬川晶司五段が負けてしまいました。長い順位戦はやはり怖いです。
まぁ、対局内容はおいといて、今回は未成年者である藤井聡太四段が、長い順位戦を戦うのは労働基準法違反ではないのか? という問題についてです。 こういうのがはてなブックマークコメントにあってびっくりしました。はてなブックマーク - 中学3年生プロ棋士 藤井聡太四段が26連勝 | NHKニュース

 

棋士は個人事業主なので労働基準法に引っかからない

いきなり結論から書くと、プロ棋士は個人事業主なので労働基準法の範囲外。なのでまったく問題ありません。もちろんこれは囲碁棋士も同様。漫画『ヒカルの碁』でも、プロになった主人公ヒカルが母親に確定申告するから銀行口座を作って、と頼むシーンがあります。

 

はい。というわけでこの話題は糸冬。

 

これだけだとなんとも味気ないのでもう少しだけ書いてみます。
個人事業主だろうが夜遅くまで働かすのはどうか? と言われても、盤の前に座って将棋を指しているだけなので、辛い労働条件とは言えません。

 

ググッてみるとヤフー知恵遅れことYahoo!知恵袋にこんなものが将棋のプロ棋士・藤井聡太四段は14歳でプロデビューですが、... - Yahoo!知恵袋詳しく知りたい方はこれを読んで下さい。

 

やはり味気ないのでおまけ的になものを下に書いておきます。

 

おまけ~連勝記録は忖度が働いた八百長!?

ここまで連勝記録が続くと疑いの目を向けるうつけものがいるものです。が、将棋連盟は三浦弘行九段冤罪事件を起こしてるので「もしかしたら…」と思わせてしまうのです

ひどいもんです。僕は藤井聡太四段の連勝記録は八百長ではないと思ってますよ。棋士にとって負けるっていうのは、成績だけでなく収入面でも痛手です。だからホイホイと負けるわけがないし、「将棋人気復活のために負けてくれ」と頼まれたら、連盟が意味不明なことをして冤罪に仕立てあげたのに、なんで自分たちが負けなければならないのか。となるでしょう。

「負けても連盟がある程度払って八百長に加担しているのでは?」と反論がきそうですが、三浦弘行九段への慰謝料を支払わなくてはいけない連盟に、そんな余裕はないでしょう。

気を使って(忖度して)わざと負けてるのでは? とさらに粘りそうですが、最初に述べたとおり負けたら金銭面でマズイし、ここまで連勝記録が伸びれば「自分が止めてやる」という気持ちが強く出てくるんじゃないかと思います。だから、八百長・忖度でわざと負けて連勝記録を伸ばしてるという可能性は限りなく0です。

さらにおまけ

いつになったら双方向でのなんとかを渡辺明竜王・久保利明王将・千田翔太氏はやるんでしょうか? 首を長くして待っているのですが。