読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬と漫画と将棋が三大栄養素

どうも、競馬と漫画と将棋が三大栄養素なdaiouoka(大王岡)です。基本は競馬と漫画と将棋について書いてます。が、雑記ブログでもあるのでこれ以外のことについても書きます。アニメや時事ネタなど。このブログでいろいろ費用を稼げるようにするため頑張って書いてます。

誠実でいれば失敗を避けることができるのか?古今東西変わらない事実なのか?

『徒然草』を読む

どうも、(@daiouoka)です。

今回は『徒然草 』の第二百三十三段です。実は徒然草は今回でおしまいです。

最後なのでこれを忘れないようにというものを。 

何事でも失敗を避けるためには、いつでも誠実の二文字を忘れずに、人を差別せず、礼儀正しく、口数は控え目でいるに越したことはない。男でも女でも、老人でも青二才でも同じ事である。ことさら美男子で言葉遣いが綺麗なら、忘れがたい魅力になろう。
様々な過失は、熟練した気で得意になったり、出世した気で調子に乗って人をおちょくるから犯すのだ。

徒然草 第二百三十三段 - 徒然草 (吉田兼好著・吾妻利秋訳)

 

誠実 is 大切

誠実でいることは大切。ということはわかります。だけど、正直者は損。という見方もあります。いったいどちらが正解なのでしょう?

なーんか、成功してる人っていうのは少なからず悪いことをしている(していた)という変な目で見てしまう。最近だと与沢翼さん。議員で元ワタミ渡辺美樹。他ブラック企業の社長。彼らは成功したけど今は悪い目で見られています。だから、誠実(法律を守る)であったほうが良いと言えます。

しかし、誠実だからといって成功できるとは限らない。むしろ誠実じゃないほうが早く成功できたりする。いったいどういうことなんだ………

 

成功した人が調子に乗って自滅するパターンが上にあげた人たちに該当する? (´ε`;)ウーン…

なんだかんだ長い目で見れば正直で誠実なほうが良い? 


follow us in feedly