競馬と漫画と将棋が三大栄養素

どうも、競馬と漫画と将棋が三大栄養素なdaiouoka(大王岡)です。基本は競馬と漫画と将棋について書いてます。が、雑記ブログでもあるのでこれ以外のことについても書きます。アニメや時事ネタなど。定職につくために、このブログで就活費や生活費などを稼げるように頑張って書いてます。

Ad

一度悪いことをしてしまうとヤケクソになってもっと悪いことをしてしまうのはなぜか

どうも、久々にはてブ10以上ついた(@daiouoka)です。 

今回は年明けで久々の徒然草で第二百九段からです。

2015年1月15日投稿エントリーを加筆修正したもの

やけくそになってはいけない

 

他人の田んぼの所有権を求めて訴えていた人が、裁判に負けた。悔しさ余って、「その田を収穫前に全部刈り取れ」と、召使いに命令した。召使いは、手当たり次第、通り道にある田を刈りながら進むので、「ここは、訴訟で負けた田では無いのに、どうして、こんなに無茶をするのだ」と、問われた。田を刈る召使いは、「起訴して負けた田であっても、刈り取って良いという理由はありませんが、どうせ悪事を働きに来たのだから、手当たり次第、刈り取るのです」と言った。
その屁理屈も一理ある。

徒然草 第二百九段 - 徒然草 (吉田兼好著・吾妻利秋訳)

 

 こうなりゃヤケだ! 荒らしまくってやる!

f:id:daiouoka:20140505215040j:plain

 

 一度は経験したことあると思います。僕も有馬記念を外した後に阪神の最終で… そして中山金杯外したあとに京都金杯で………

 ちょっと違うか(;´∀`)

 

 まぁ、こういう感情はずーっと昔からあったんですね。
 人間、何かやっちまったら「もういいよ! 知らねぇよカス!」って感じで暴走してしまう。ここまでやってしまったのだからもう引き戻れない。そういう心理状態になるのはなぜなんでしょうか?

わかっちゃいるけどやめられない。

普通何かミスしたら「またやってしまった…」何度も間違えたら「もう止めないと…」と思うのに。だけどなぜかこういう感情を持ってしまう。大事な感情がガラガラと崩れ落ちる。

「負け=価値がない」と思った時? 「これ以上は悪くなるだけ」と思ったとき?

諦めの境地に立ったときこう考えてしまうのだろう。

諦めてはいけない。と言われるけど、こういうヤケになってしまわないように、防止するためにも諦めてはいけない。と言われるんでしょうね。